かみ合わせの調整で頭痛・肩こり・腰痛が治る!!
一般歯科・矯正歯科・顎関節症・インプラント・小児歯科 - 脇谷歯科医院
かみ合わせ
 
最新インプラント
 
治療案内
 
患者さんからのお手紙
コラム
医院案内
トップページ
 
脇谷歯科医院ブログ「女性の健康」
 

 電磁波対策グッズ




 
コラム
FCは難病の原因

FC(フォルムクレゾール)が顎の骨へ蓄積している、FCとは歯医者が使う薬で、歯の根の治療の時に入れる薬ですが、 その薬は浸透性が高く、全身に回る、歯の中に入ったままになっているため、人間はその薬を一部は肝臓などで解毒しよう とするが、歯の中に入ったままになっているため、骨の中に閉じ込めようとする防御反応を示す、その薬が根の下の愕骨の中に閉じ込められ、解毒できない状態で存在する、人間は拒否反応として、症状しますが、レントゲン上では写らないため、 原因不明の難病として扱われている。

FCを中和することにより、その症状は消える。よく、美容院で肩が凝ってますねえと言われて、自覚症状がない人がいる、これは、金属アレルギーかFCの蓄積の場合が多い、 私が思うには、金属アレルギーより、はるかに体には悪い場合が多い、病院で調べても原因が分からないといわれる。
FCを中和することで、いろいろな症状は改善する場合が多い、しかし、これを知っているのは一部の歯科医しかいない。
FCの蓄積は難病が多い、現代医療では原因不明の病気の中に含まれる、病院で原因不明の不定愁訴で、症状が重い場合、 歯科医で調べてみてはいかがでしょう。

医療費削減するには

電磁波および、現在の病気、症状の原因を調べるのにOリングテストやAKは重要な技術であると思います。
現在、医療費は34兆円で増え続けています、その原因は対症療法で原因をそのままにして、症状を抑える、それを続ければ、 医療費は高齢化とともに増え続ける一方だと考えます。
私が考える、歯科的、現代の病気の症状の原因が、歯科で使われる金属アレルギー、歯科で使われる薬剤が体の骨に蓄積したもの、電磁波が、病気の症状を作っていると思います。
そこで、これはまだ知られていないことで、金属アレルギーがあったり、歯科の薬の蓄積があると、脳血流が低下に、末梢の血流が低下し電磁波の影響も受けやすくなる。また、金属が電磁波のアンテナになると思います。
歯科医が、金属アレルギーの物質を変え、顎骨の薬剤(FC)を中和する、電磁波の波動を金属と形態で調整するには限界がある。
そこで、今回、金属アレルギー、歯科で使う薬剤の顎骨への蓄積の悪影響、電磁波の悪影響を改善する物質および物質の波動、波動の保存、物を考えました。
これを身に着けることにより、症状の改善が見れれば、医療費の削減につながり、電磁波の影響および、歯科の材料、薬の影響を世の中の訴えることができると思います。

Oリングテストによる、電磁波障害の影響する部位と対策方法
1、電磁波(携帯電話)を胸のところにおいて、イメージにより、Oリングが開く部位、頭蓋、蝶形骨、胸椎、大脳、小脳、 耳(三半規管)。
2、携帯を胸においてしまるものを選びどの部位においてしまるか、波動 形、色、材質。
3、電磁波以外の影響、エフシイの骨への蓄積、パラジウム、アマルガム選んだもの、バイオエシック、白金加金(パラジウム、アマルガム)、エフシイ、電磁波、プレメリア,ミリフィカ、fc電磁波、ゴーヤ、頭蓋、アルミ、螺旋構造、色、銀色、頭蓋、アルミにアレルギーの人がいる、コエンザイムQ10、胸椎、サイチ(大脳小脳)
4、歯科において、病気、症状の原因に挙げられるもの、フォルムクレゾールの顎骨への蓄積、症状は重い金属アレルギー医療費を減らすには、病気症状の原因を知り、それを解決する方法、金属アレルギーを起こしやすい物質、(アマルガム、パラジウム、レジン)、Oリングで開く、しまる物質と電磁波でしまる物質,FCでしまる物質、で作ったものを身に着ける、またその波動を転写したもの、波動を保持できるものを開発しました。
また、有害電磁波を無害なまたは、有益な波動に変える技術を研究しています、考え方はできているのですが、電磁波の専門家でないため、物を作るのが、問題になっています。

磁波関係者、医療関係者電磁波技術者など、多くの人の協力が必要であると思います。
現在医療費は34兆円 、原因を消す、マイナスをプラスにするこれで、医療費削減というより、健康の元に病気が減ることになると思います。

FCは難病の原因

Oリングテストは、かみ合わせや症状の原因を調べる技術で、原因が何かそれを解決して原因を残したままでは症状や病気は原因を解決し、それでも治らなければ対症療法で、薬を飲んだりシップをする。
レントゲンやMRIの画像診断で、原因がわからなければOリングテストの信号を調べる技術で調べれば原因がわかります。
合わない金属でも、アレルギーや背骨がずれます。レントゲンで腰の骨がずれているのがわかっても、それを調整する技術がなければ調べただけになってしまう。AKAという技術は、正常な関節の形にする技術です。 しかし、体は繋がっているため、かみ合わせが変わります。だからといって、何年も悪い状態を続けていればだんだん治りにくくなります。
たかが肩こりと思っても、年をとるにしたがって腰痛、膝と、移行してきます。Oリングテストで早いうちに原因を解決することは、将来に影響します。

かみ合わせと健康

Oリングテストは病的部位を刺激すると脳血流が低下し、指の筋力が低下するというからだの信号をとる技術で、アメリカでは特許になっています。レントゲンやМRIではわからないこともわかります。
それと、その原因の解消法もわかります。
Oリングテスト自体は簡単な技術ですが、さまざまな症状と原因を解消するのは、訓練とテクニックと時間とがかかります。
2点間法という技術でその原因の源を消すことによって、症状が消えるかという技術で歯の形であったり材質であったりします。たとえば、呼吸が浅く筋肉が硬くなると肩こりや冷え性の原因になります。
疲れやすいなど、さまざまな症状の原因が歯の形に影響している場合があります。
Oリングテスト的には不定愁訴『原因不明の体の不調』 原因の80パーセントは歯にあるといわれています。
指の筋力『指の筋力だけでなく体全体』強くなると、脳血流がよくなり免疫力が向上し、かみ合わせや材質で脳血管疾患や免疫力を向上させ、病気になりにくいからだにすることが健康な生活に重要だと思います。

かみ合わせと健康

Oリングテストは、AK(応用運動学)筋力テストの一部で、体や症状に対してマイナスなもの筋力が弱くなる、プラス、筋力が強くなるで判定するテストです。体の信号を調べる技術です。
筋力が増すということは、関節が動きやすくなる、脳血流が良くなる、背骨がまっすぐになる、免疫力が向上する。力が入らなくなるのはその逆ということで、筋反射テスト(Oリングテスト)自体は簡単なテストで、訓練すれば、誰でもできるようになり、ただ、詳細な反応、詳細についてひとつあげると、よくその症状はストレスが関係しているといわれることがあるとします。


ストレスで胃が良くないとか、ストレスに強くなる方法驚愕反射というのがあり、目の前で、手をパチンと(驚く程度)たたくと、筋力が弱まる、その弱まる原因が体の中にある場所を調べ、2点間法(原因→結果で、筋肉が弱まる、、結果→原因で変化しない、で、その原因がどこにあるかを調べ、その因果関係を)消すことによって驚愕反射は消えます、これで、すべてではないかも知れませんが、ストレスに強くなっているということです)あくまでも体に対してマイナスを減らしていって、健康になる健康の延長線上で、症状が緩和されるという技術です 今の医療において原因を探し、原因を解消することは、重要なことだと考えます

かみ合わせと健康

スタイル矯正とメタボリックシンドローム
姿勢がいいことは健康のバロメーターで、Oリングテストで姿勢が悪くなる原因を消す

最近わかったことですが、、かみ合わせでスタイルアップができる、姿勢が悪くなる原因のひとつは、おなかの筋肉が硬くなる、その原因が下の前歯がとがっているおなかが弱い等の原因になっている場合があり、下の前歯を滑らかにすることによりおなかの筋肉が柔らかくなる、長年姿勢が悪いと肩の関節前に来ているので、関節を正しい位置に調整する、と顎が前に少し出てくる、そこを調整することに首の筋肉が緩んで、首の姿勢がよくなる、この方法で姿勢がよくなることが最近わかってきました、それと同時に、おなかの筋肉(j実際は、背中の筋肉も)バランスが取れれば、おなかの伸びる筋肉が緊張し、(おなかが後ろに沿った状態)めたボリックシンドロームを防ぐことができるのではないかと考えます、将来年をとって姿勢が悪くなるのを防ぐのも、同じ方法で、姿勢がよいのは健康のバロメーターだと思います、しかし、その前に、肩こりや腰痛,顎関節症をかみあわせとAKAで、治してからです

↑ページトップへ
Copyright (C) 2003 Wakitani Dental Clinic. All Rights Reserved.