かみ合わせの調整で頭痛・肩こり・腰痛が治る!!
一般歯科・矯正歯科・顎関節症・インプラント・小児歯科 - 脇谷歯科医院
かみ合わせ
 
最新インプラント
 
治療案内
 
患者さんからのお手紙
コラム
医院案内
トップページ
 
脇谷歯科医院ブログ「女性の健康」
 

 電磁波対策グッズ




 
従来との比較
通常のインプラント法 OAM大口式インプラント法
通常のインプラント法
1. 骨にまず3〜5ミリの丸い穴を開けます。
OAM大口式インプラント法
1. 骨にまず、極小0.5mmの穴を開けます。
通常のインプラント法
2. 次に約2oの太さのドリルで骨を削り、穴を開けます。
OAM大口式インプラント法
2. その穴から更に極細の針状の器具で細い穴を開けます。
通常のインプラント法
3. だんだん太いドリルで骨を削り、穴を大きくしていきます。
骨の太さを変えることは出来ず、骨は削られて少なくなります。
OAM大口式インプラント法
3. 当院院長考案の器具で、細い穴を少しずつ押し広げていきます。穴が広がっていくと同時に骨が押し広げられ、細い骨を太くすることが出来ます。
通常のインプラント法
4. 骨が削られてしまうため、元々骨が少ない場合は特に細くて短いインプラントしか入れられなかったり、理想的な位置に入れられない場合があります。
OAM大口式インプラント法
4. 簡単に1回の処置で、骨を補強しながら増やすことが出来、理想的な位置に十分に太くて長いインプラントを入れることが可能です。
↑ページトップへ
Copyright (C) 2003 Wakitani Dental Clinic. All Rights Reserved.