かみ合わせの調整で頭痛・肩こり・腰痛が治る!!
一般歯科・矯正歯科・顎関節症・インプラント・小児歯科 - 脇谷歯科医院
かみ合わせ
 
最新インプラント
 
治療案内
 
患者さんからのお手紙
コラム
医院案内
トップページ
 
脇谷歯科医院ブログ「女性の健康」
 

 電磁波対策グッズ




 
かみ合わせと口内金属

イメージ画像1歯の役割は単に食べ物を噛むだけではありません。
体を支えたり、健康を維持するための非常に重要な部位でもあるのです。そのポイントは「かみ合わせ」と「口内金属」に集約されます。

歯に詰めた金属が、さまざまな疾患の原因や誘因となる場合があります。一般的には金属アレルギーとして知られていますが、全ての金属が悪いわけではなく、個人個人合う金属が異なります

歯に詰めた金属や樹脂は、唾液や ph値の低い飲食物などの影響で分子・原子の微小な単位で少しずつ溶け出します。
また、上下の歯が噛み合えば少しずつ削れていきます。
こうして溶け出したり削れたりした微小な金属・樹脂片は口から体内に吸収・蓄積され、アトピー等の皮膚病や金属・樹脂アレルギーに代表されるさまざまなアレルギー症状、リウマチ等の自己免疫疾患を起こす可能性もあり、さまざまな体の不調を来たす恐れもあります。

歯を失ってしまった歯槽骨に人工の歯根を植え込み、その上に人工の歯冠をつけるインプラントは、この金属を適切に選択することでより長く噛め、快適な生活を送ることができます。

いろいろな病気の研究が進んでいますが、これら噛み合せや金属に起因する症状について、キネシオロジーを習得している歯科医院で診断・調整・金属の交換をすると、体調の改善につながります。
キネシオロジーとは筋肉が精神的ストレスに反応する特性を利用し、筋肉反射テストで本人が無意識のうちに不快に感じている部分を診断、治療していく技術のことです。自分の不調を明確に説明できない方におすすめです。

今まで治りにくかった病気も、「かみ合わせ」の調整と体に合った「口内金属」に変えることにより、今までの西洋医学とは違った視点で、別の方法として、病気を緩和したり、治療したりする時代が来るのではないでしょうか。

しっかりと噛むことは脳へ刺激を送るとともに、体のバランスを保ち、いつまでも健康であることにつながります。勉強やスポーツの向上、将来の痴呆や寝たきりを予防するためにも、歯をもっと意識してみませんか?

Copyright (C) 2003-2005 Wakitani Dental Clinic. All Rights Reserved.