かみ合わせの調整で頭痛・肩こり・腰痛が治る!!
一般歯科・矯正歯科・顎関節症・インプラント・小児歯科 - 脇谷歯科医院
かみ合わせ
 
最新インプラント
 
治療案内
 
患者さんからのお手紙
コラム
医院案内
トップページ
 
脇谷歯科医院ブログ「女性の健康」
 

 電磁波対策グッズ




 
OAM式インプラント法 -ドリルを使わないインプラント-
ついに実現!ドリル無しのインプラントシステム
また、OAM式インプラント法は、骨の幅を広げる効果が大きく、従来のような骨を増やす特殊な手術(GBR法、骨移植、スプリットクレスト、イリザロフ法など)をしなくても骨の幅を増やすことが出来るようになりました。
またこの方法では、骨密度も上げることができるため、よりインプラントの手術適用が増えました。
OAM式インプラントの特徴
骨がすごくやせてしまった方にインプラントを埋め込むのは、通常であれば、骨を作るための手術が必要になります。
GBR法といって、骨芽細胞(骨を作る細胞)を集めて骨の量を増やしたり、自分の骨をどこか他の場所(下顎の奥の方や、腰の骨)から採取してそれをインプラント埋入部位に移植したり(骨移植)、わざと骨を骨折させてそこに骨を増やすような処置(スプリットクレスト法)をほどこしたり、骨をジャッキアップして増やしたり(イリザロフ法)色んな手術が必要になってきます。

ところが、OAM式インプラント法では、オーギュメータという器具を使って糸のような穴を少しずつ拡げてインプラントを埋める穴を作ります。糸のような穴からですから骨の幅が1mmしかない患者様でもつくることができます。人間の骨は弾性があるため、その穴を少しずつ拡げることができます。
比較図
従来のドリルを使ったインプラント埋入 インプラント OAMインプラントシステム
従来のドリルを使った
インプラント埋入の手法
  OAMインプラントシステムに
よるインプラント埋入の手法
OAM式インプラント法
OAM式インプラントの手順:糸のような穴を少しずつ拡げてインプラントを埋める
そうすることにより、わざわざ骨を増やす手術をする必要が無く、たった1回で終わらせることが出来るようになり、しかも傷口も小さいため術後の直りも早いのです。

また骨を少しずつ拡げる事により、骨密度も上がりますので、骨粗鬆症のような骨密度の低い方も有利になりました。

さらには、怖がりの方は特に気にされるであろう、骨を削る時の不快な音や振動を与えることが無く、オーギュメータで静かに手術できるため、インプラント手術がより快適なものに改善されました。
このことにより、患者様は苦痛なくより安心して手術を受けることができるようになりました。
※ただ、このOAM式インプラント法が適用できない場合もあります。その場合は、骨密度が極端に高い方です。いわゆる骨密度D1(骨が極度に硬い)の方には従来のドリルを使う必要性があります。
↑ページトップへ
Copyright (C) 2003 Wakitani Dental Clinic. All Rights Reserved.