かみ合わせの調整で頭痛・肩こり・腰痛が治る!!
一般歯科・矯正歯科・顎関節症・インプラント・小児歯科 - 脇谷歯科医院
かみ合わせ
 
最新インプラント
 
治療案内
 
患者さんからのお手紙
コラム
医院案内
トップページ
 
脇谷歯科医院ブログ「女性の健康」
 

 電磁波対策グッズ




 
筋肉反射テスト

筋肉反射テストとは、ニューヨーク心臓病研究所所長 大村恵昭氏が創始したもので、"生体自らをセンサーとして、生体内の情報を指の筋力変化から検出する"診断方法です。 なお、筋肉反射テストは、1993年2月にアメリカ特許庁において知的所有権が認められています。 筋肉反射テストを利用することにより、身体に、適合する物質、適合しない物質をみわけることができます。方法は、患者さんに親指ともう一本の指でOの形をつくってもらいます。

それを、先生が指で開こうと力を加えます。その開き具合で判断します。筋肉反射テストのとき、テストする手と、反対の手に検査物を触れてもらいます。 その検査物が適合していれば、指はなかなか開きません。また、反対に適合していなければ、簡単に開いてしまいます。

イメージ画像1
筋肉反射テストでできること
1
咬合口径
2
原因歯→歯茎のところに触れる
3
薬の適応および、量、薬のアレルギーチェック
4
スプリントの必要性、スプリントの種類、やってみないとわからない、という状況の回避
5
金属の適応性
6
義歯の不快な部分、義歯の咬合口径から、大きさ、なれない場所、当っているところなどのチェック
7
麻酔薬の量
8
かみ合わせと病気、たとえば、胃潰瘍が慢性的に口腔内から出ている。ガンなど
9
病気を治すサプリメントの量、構造療法だけでなく、化学療法が適応かどうかのチェック。サプリメントでガンを治す、末期がんでサプリメントの必要量を検出している人がいる。
10
抜歯したほうがよいのかイメージング
11
AKA(関節運動療法)頭骸骨調整
Copyright (C) 2003 Wakitani Dental Clinic. All Rights Reserved.